毎日楽園化計画

生活のありとあらゆるものを楽に楽しくするレシピ作りと、時々湧き上がる思考の整理

過小評価されてると思う財布

機能もデザインも兼ね備えているのに、手の届くところにいてくれる。おしのびで下町にやってきたお姫様みたい。

実際、ローマの休日のヘップバーンみたいな、上品さと親しみやすさ、知性を感じるんですよね。

 

ダコタ2代

 

もう20年ほど前、まだイオンがジャスコだった頃、そのテナントの、決してオシャレとは言えない鞄店にダコタは並んでいました。

おしゃれな財布は百貨店でしか買えない。お金ないし妥協するしかない。そう思っていた二十歳そこそこの私の目に飛び込んでくるキラキラした光景。

こんなところに素敵な財布があるわけがない。だけど、つやつやした革の感じとか、色のバリエーションとか、その棚を見るだけでときめくんですよね。

そのとき私のもとへやってきたのがダコタのクラプトン、二つ折りでがま口のタイプです。

それから20年。とうとうがま口が閉じなくなり、いよいよ買い替えの時が来ました。

手先が不器用な私でもとても使いやすいがま口の二つ折り財布。また同じものを買おうと探したらありました。20年消えずに存在してるってすごい。

今は一万円越えかぁ。

当時、6000円か8000円台で買った記憶があるけど、まあ20年経ってるし、そもそもこれくらい、あるいはそれ以上の価格が見合う製品だと思います。

さっきも書いたけど、手先不器用な人って、小銭出すのでもたもたするんですよ。でもがま口だと、ぱかっとワンアクションで開いて見渡しやすい。

あと、二つ折りにして留めるホックですが、ベルトになっていて長さがあるおかげで、中身が増えても留めやすい。不器用だと、ホックさえ上手くはまらないことがある。

 

20年使ったダコタのクラプトンがま口

20年使ったダコタのクラプトンがま口


それまで使いやすい財布に出会えなかったぶん、細かいとこまで吟味して買ったんですが、まさか20年以上使い続けるとは。

本当は、せっかくだから別の財布にしようかと思ったんですけど、なかなかピンとくるものがないんですよね。それで、同じダコタのクラプトンがま口を買うつもりだった。

だけど、

「今後キャッシュレスに移行したらカード増えるな」

ということで、ふたたびネットの財布の旅へ。

それで見つけたのがやっぱりダコタ。

カードいっぱい入るし、普段荷物少ないのでこれで良くない?と。

荷物が増えたら、ショルダー紐を外して、これごと大きなバッグにインして使おう。そしたらスマホの入れ忘れもないし。

じゃあ実物を見に行こう。ということで、都心のお店へ。

本命を見に行く前に、他の棚の前をうろうろ。やっぱりダコタの並ぶ棚はいいなぁ。がま口タイプもちらほら。やっぱりがま口いいなぁ。パチンという音とか。

 

で、気づけばこの子がうちの子に。

店先でオーラを放っていた彼女

店先でオーラを放っていた彼女


ネットで見たときは、ぱかっとワンアクションでぜんぶ見渡せるし、カードもたくさん入るので、機能的には最高だなぁ、でも革を編み込んだデザインが好みじゃないなぁと思ってました。でも実物ってすごいですね、なんかオーラを発していて、気づけば魅了されてました。

ダコタ がま口 テッセレ 開けたとこ

ダコタ がま口 テッセレ 開けたとこ

二つ折り財布から、なぜかこのキャッシュレスの時代に長財布に移行し、そのおかげで普段使っているミニショルダーに入らなくなり、そっちのほうも買い替えるはめになりましたが、今回の買い物には満足しかありません。

 

鞄は多少作りが甘くても大して問題にならないですが、財布は、カードやお金の取り出しやすさが大きく影響するので、買う前にけっこう悩みます。

それにデザインも好みのものとなると、私の場合はダコタに戻ってくるようです。

 

ということで、過小評価されている、というより、自己主張せず寄り添ってくれる、ダコタのお話しでした。

 

▼初代 ダコタ クラプトン がま口二つ折り

▼2代目 ダコタ テッセレ がま口長財布

▼候補にあがったお財布たち

 

キャッシュレス短期集中キャンプ - 初心者向け要点まとめ

キャッシュレスでかえって大型化した財布

 ずーっと現金派だったんですが、すっかりこの波に取り込まれました。そう、増税&キャッシュレス還元まで一ヶ月を切りました。

ということで、クレカもよくわかってない超初心者の私が、この数週間、クレカから決済アプリまで、キャッシュレスについて学んだことをまとめます。

それと、この記事を書いてる最中に恥ずかしい失敗をしました。それについても書きましたので、ぜひ最後の項だけでも読んで行ってください。(特にクレカよくわかってない方!) 

もくじ

 

PayはPayでもレイヤーが違う?

Google Payはいろんな決済アプリを包括できるpayであって、どうやらPay Payや楽天Pay等とはレイヤーが違うらしい※。(Apple Payも上位レイヤー?)

一方、コーナンPayのように、そのお店でしか使えないプリペイドガードのようなものもある。

※たぶんGoogle Pay単体でも使える。

コンビニで年金などの支払い票を扱えるキャッシュレス決済があるらしい?(未確認)

調べたところ、ファミペイ、nanacoWAONのみっつで、上手くやるとポイントもつくとの噂ですが、まだ試してないので本当のところはわかりません。でも本当なら、税金、年金、国民健康保険など、コンビニにお世話になりがちな個人事業主のみなさんには朗報かも。WAONで試すつもりなので、上手くいったら報告します。

モバイルSuicaがあったらICOCAいらない?(西日本の非会社員&非学生向け)

定期券で通勤通学しない自営業の人などは、モバイルSuicaのほうが便利でポイントもつくのでICOCAいらないかもしれない。

何でも紐づけられるわけじゃないけど、紐づけやすいのはKyash

Kyashはプリペイド式なのにクレジットカードのように使えるので、例えば、クレカ→Kyash→楽天Payと言ったように、間にはさんでポイントの二重取り三重取りがしやすい。残念ながらポイント2%は9月末で終わってしまいますが、それでも今後も利用の機会は多そうです。

クレカやスマホ決済を重ねてポイントの重ね取りができるらしい

上のKyashでも書きましたが、知ってる人は当たり前のようにやっていて裏ワザでもなんでもない模様。ずっと現金派だった私は全く知りませんでした。

おサイフケータイじゃないとダメなもの(非接触型決済/FeliCa

Suicaのようにかざすだけで使えるものは非接触型決済と言い、日本ではFeliCaという技術がメジャーらしい。このFeliCaチップが埋め込まれてるのがおサイフケータイで、Suica楽天Edy、iD、QUICPayなど。かざす系のやつはおサイフケータイ非対応端末ではムリだと思っておけばいいかな?

QR&バーコード決済(スマホ決済)は敷居が低い

一方、QRやバーコードで決済するものは、OSなどの条件さえ合えばおサイフケータイじゃなくても使えるものがほどんど。「スマホ決済」の狭義はQR&バーコード決済らしい。

使う側だけじゃなく、お店側も導入しやすいみたいで、近所の商店でもOrigamiを導入しているところをちらほら見ます。どうやら今は各社キャンペーンで、お店の導入費や支払い手数料を無料or格安にしてるらしい。

接触決済(FeliCaおサイフケータイ) vs QR&バーコード決済(スマホ決済)

上2つの項をまとめると、非接触型決済はスマート。QR&バーコード決済は敷居が低い、というイメージ。

PixelとiPhoneの一部の機種はおサイフケータイ対応

FeliCaおサイフケータイ)は日本の技術なのでGoogleAppleの端末には入ってないだろうなと思ってたらそんなことありませんでした。ここ数年のうちに発売された機種には搭載されてるようです。べんり!

ファミマTカードなど、リボ専用カードがある

ちょっと前にマイ・ペイすリボのように自動的にリボになるサービスが話題になってましたが、ファミマTカードなど、そもそもがリボ専用というカードもあります。ファミペイやりたさに調べていて知りました。

リボ注意

上にも書きましたが、三井住友以外のマイ・ペイすリボ以外にも、自動的にリボ払いになるサービスを導入してるカードは多いようです。よくわからない人は、申込時にうっかりチェックしないよう気をつけよう!

自動じゃない、普通のリボ払いはたいていのカードで利用できます。

リボの支払額は大きく設定しておいたほうが安心?

リボ手数料なんて絶対取られたくないって人は、カードの上限に近い額にしておいたほうが安心みたいです。例えば、毎月のリボの支払額を90万円にしておいたら、90万円を超えるまでは手数料が発生しないということらしい。(リボ使ったことないので伝聞調。)

うっかりリボにしてた!なんてことはまずないと思いますが、念には念をということで。

ポイントを集約したい

たとえば、JMB WAONという電子マネーがありますが、これを使えばWAONなのにJALのマイルが貯まります。JALマイルは10,000ポイント貯めたら楽天ポイントに交換できます。というふうに、WAONJALマイル→楽天ポイントという感じで集約して使うこともできそうです。

事前にチャージしておく必要があるかないか

使うときにチャージ切れで焦りそうなのでまとめました。

早めに準備しよう

カードや銀行口座作ったりするのに、長いところだと3週間くらいはかかるので、なるべく早く準備しておいたほうが良いかも。

他にも気になったこといろいろ

  • 近頃はいろんなキャッシュレス決済がしょっちゅうキャンペーンやってるので、「20%還元」とかでググってみると良い

  •  商店でorigami導入してるとこが多いのは、信金がプッシュしてるかららしい

  • Origamiはクーポンや広告の見せ方が上手い
  • Google Pay に登録したら、自動的にクレジットカードが登録されててビビった。どうやらGoogle playGoogle storeで過去に使ったものが共有されるらしい。
  • Origamiはパスワード設定がない。(スマホや電話番号と紐づけて認証するから?)
  • Kyashは暗証番号がないから暗証番号を求められる店や病院では使えない。
  • クレカであれスマホ決済であれ、キャンペーンや還元率はころころ変わる。
  • ファミペイの電子レシート機能が気になる。
  • JCB CARD Wが還元率良いらしい(この記事を書いた現在)。
  • JCBはけっこう力入れてキャンペーンやってるらしい。

恥ずかしい失敗

では、冒頭で予告した「恥ずかしい失敗」について書きます。

目指せカンペキなキャッシュレス環境!という極端な発想に取り付かれてるうちに、うっかりクレカを多重申し込みしてしまい、最後に申し込んだカードで落とされました(笑えない)。

落ちる理由は、金に困ってて踏み倒すつもりなんじゃないかと思われるかららしい。

いやだってさー、増税に絡めて国ぐるみでキャッシュレスキャンペーンやってるのに、そこんところちょっとくらいわかってくれてもよくない?って一瞬思いましたが、極端な発想に取り付かれてた私も悪かったなと反省しています。

しかもよく考えると、うち今フリーランスだし、固定電話もないし、カード通りにくい属性だったなと。完全に冷静さを失ってました。

フリーランスなので、経費になる出費とプライベートの出費で使い分けようと思ったんですよね。(そんで税金やら保険もキャッシュレスで払ってみたかった。)

最初に申し込んだ楽天のVISAとMastarカードはするっと通ったので、落ちるなんて発想1ミリもなかったですね。

短期間に3枚とか5枚とか申し込むと多重申し込みになるらしいです。そして6ヶ月ほどは信用情報機関にその履歴が残るらしい。(でも6ヶ月で消えてくれるならまだありがたいかな。)

ということで、あんまり慣れてないのに増税前にキャッシュレスに移行を目論んでる方、私の屍を越えて行ってください。

あと、間違ってること書いてたら教えてください。

 

 ▼Dマガで斜め読みした参考書

 

▼カード収納多め、ワンアクションで全部見渡せる(冒頭の写真のやつ)

 

▼カード収納多めお財布ショルダー

 

▼カードポケット24枚

 

キャッシュレスの波と、アマゾンの失速?と、楽天経済圏

f:id:ll1a9o3ll:20190815201104p:plain



うちはテレビも新聞もないので、え、世の中そんな流れになってたの?ということがよくあります。

増税&キャッシュレス&ポイント還元の話もそうでして、そうか、10月までに準備しとかなきゃなぁという状況です。

今までも、大きな買い物はクレジットカード使ってましたが、日常の買い物は現金、ネットの買い物はチャージ式のプリペイドカードという感じでした。

じゃあ、キャッシュレスに向けて一気に見直してみよう、スマホ決済とかいろいろあるけど、基本はクレジットカードかな? 何ならポイントの貯まりやすいやつで・・・、ということで、目にとまったのが楽天カードです。

うちは百貨店もコンビニもあまり使わない、在宅で仕事してるので電車も飛行機も使わない、唯一ヘビーに利用するのはネットショップ、ということで、やっぱ楽天かなぁということになりました。

しかも、気が付けば楽天包囲網に取り囲まれていたという現実。楽天ポイントと提携してるお店も増えてるし、楽天でんきにも乗り換えてたし、DMMも楽天モバイルになるし・・・。

それに、最近Amazonの使い勝手が落ちた気がするんですよね、しばらく遠ざかってた楽天市場で買い物することが増えた。つい2年ほど前は、こんなにAmazon依存で大丈夫なのかと心配してたのに、時代というのは恐ろしいものです。

ということで、楽天についていろいろ調べていくと、いろいろメリットがありました。

楽天関連サービスを使えば使うほど、ポイントの倍率が上がる
・カードの還元率がまあまあ良い(使い方によってはすごく良い)
・光熱費などの固定費も、楽天カードにすればポイントがたまる
・同じ名義で、楽天カードが2枚持てる(フリーランスや複業の人は、経費用に使い分けられて便利)
楽天ポイントで、つみたてNISAなどの投資ができ、今話題の老後自己負担2000万の足しにできるかもしれない
・同じカードで、家族用にも複数枚カードが持てる(無料)

おおこれが楽天経済圏というやつか、といった具合です。

 

私の中で楽天とは、商品ページが暑苦しくて、レビューもちょっと怪しくて、玉石混交のショッピングモールという印象しかなかったんですが、グループ全体としてはいつのまにかすごいことになってたんですね。今となっては、ネットショップだけ取っても、一部中国製品のさくらレビューが蔓延してしまってるAmazonと同等以上の使い勝手かもしれません。

GAFAがすごいとか、日本企業ならヤフーやゾゾの社長なんかは露出が多くて話題になってる印象ありますが、楽天はこれだけの規模のわりにあまり話題になってる印象がない。特にはてなブックマークばかり見てる私にはそう感じられるのかも知れません。

はてなでは、ヨドバシドットコムが良いというコメントをよく見るけど、楽天は話題にすらのぼらない印象です。

キャッシュレス決済、PayPayとかいろいろあるけど、実は楽天の決済が強いんじゃないかなーと思ったりしますが、素人なのでよくわかりません。

 

そもそも、クレジットカードのポイントについてもよくわかってなかったんですが、今まで使ってたカードにもポイントがけっこう貯まってることに気づき、近々換金する予定です。

ついでに、お金の管理や確定申告ももっと簡単にできるよう見直したいなぁ。

 

ということで、楽天カード楽天銀行楽天証券に申し込みました。

実際運用して良さそうなら、この楽天経済圏についても感想書くかもしれません。よろしくお願いします。

 

 

Dマガでもいろいろ読みましたが、やはり楽天カードは人気のようです。 

 

 

自炊が非効果的なケース

 

ずっと自炊したほうが節約になると思ってたのですが、昨日ふとそうじゃない場合もあるなと気づきました。

それはズバリ、時間給が高くて仕事がいくらでもある人です。

わかりやすく極端な例でいくと、時給1万円の人が1時間半かけて400円の食材で自炊&食事すると、15400円のロスになります。

しかし、1時間かけて2500円の外食をすると、12500円のロスで済みます。2500円もあれば、美味しくて健康的な食事ができるでしょう。自炊同様、健康にも気を配れます。

つまり、時給があるラインを超えていて、仕事がたくさんある人は、料理よりも仕事していたほうが効率的なんだなぁと。

自炊が非効果的なケースは、以下のような人かなと思います。

・時給があるラインより高い
・しようと思えばいくらでも仕事がある、できる
・特に料理に興味がない
・仕事以外の時間は、趣味や睡眠など、リフレッシュに充てたい

あと一人暮らしの人。1時間で1人分作るより4人分作るほうが効率的です。

 

ここで言う「効果的」は、メンタルや健康管理も含めての意味です。料理が好きでもないのに自炊するのはストレスです。一方、料理が好きならリフレッシュになるので、一概に非効果的とは言えないでしょう。

 

で、ウチの場合はというと、まだまだその域には達していません。ああ、いつでもデパ地下のお惣菜やヘルシーなビュッフェが食べられる身分になりたい・・・。

 

しかし、料理や家事の時短には着手しはじめました。

衣類乾燥機を買い(コスパの問題でドラム式ではない)、食洗器を買い、ヘルシオのウォーターオーブンを買いました。

凍った食材も常温の食材も、まとめてほりこんで放置するだけで焼きあがり、しかも下の段で米まで炊けるヘルシオ最高!型落ちなら半額くらいで買える!(ここはおいおい書いていこうと思います。)

 

ということで、お金持ちがお金を使う理由が少しわかった気がします。

そしてウチの場合は、外食よりも便利な家電の導入がちょうどいいかなと思います。

 

 

 

 

 

 

毎日楽園化計画を再開します

f:id:ll1a9o3ll:20190815140032j:plain

前回、記事を書いたのが2016年の7月。3年放置してましたが、また書いていこうと思います。

夫がフリーランスになったりでブログ書く余裕なかったんですが、やっと安定してきて時間ができました。

思い付きでnoteなんかに浮気したこともありましたが、DIY関連記事のおかげでここからちょくちょく収益もあるし、「ラクに楽しく暮らしたい」というコンセプトは3年経っても変わらんなぁということで、ここに戻ってきました。

以前は書くテーマを絞ってたけど、今後はもっと気ままに書いていこうと思います。

実は、ブログ書いてない間もかなり大掛かりなDIYをやってました。

えーっと、食器棚2つと、棚付きの作業机2つ(上の写真です、自信作)、タンスも作りました。

他にもネタはいっぱい溜ってるので、それもぼちぼち書いていこうと思います。

それでは今後ともよろしくお願いいたします。