読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日楽園化計画

生活のありとあらゆるものを楽に楽しくするレシピ作りと、時々湧き上がる思考の整理

柑橘系好きの人なら気に入るかもしれないふたつの香水、リモン・コルドーザとオレンジ・サングイン

f:id:ll1a9o3ll:20151209163924j:image

大変お久しぶりの更新になりました。

主人が会社辞めたり、私も仕事を手伝ったりといろいろバタバタしてたのですが、やっとこのブログを更新できるくらい落ち着きました、というか、いい香水見つけて書かずにはいれないだけなのですが・・・。

 

ことの始まりはこのツイートでした。

 

 アトリエコロン、なんか良さげだなと思い、ここでも柑橘系出してるかなと調べたら、ありました。オレンジ・サングインというやつ。しかも何やら賞をとっているそうです!

japanfragrance.org

 

柑橘系の香りが好きで、精油でなんとかできないかしらと試行錯誤するとこまで足を踏み入れた自分としては、気になっていてもたってもいられません。

ということで、主人の靴を買いに行ったついでに見にいきました。

ありました。某百貨店のメンズの売り場に。この手のユニセックスの香りとかメゾンフレグランスとかいうやつは、コスメフロアよりメンズの売り場のほうが豊富なんでしょうか?

引き寄せられるようにディスプレイを見ていると、店員さんがやってきて、同じ展示台に乗っていた別のブランドの香水をしてくれました。何やら4種類くらいがセットになったコフレとのこと。

柑橘系が好きなんですよ、みたいなことを言ったら、その中から柑橘系のを選んでムエットにプシュッとしてくれました。

それをかいでみると、もう素晴らしく第一印象が良かった!

ムエットが冷気をまとっているかのように、ものすごく爽やかでインパクトあったんですよね~。

それがトップの画像、ザ・ディファレントカンパニーのリモン・コルドーザでありました。

その第一印象が強すぎて、その後香ったオレンジ・サングイン含む他の香りがちょっとかすむほどでした。

とりあえず、リモン・コルドーザを手首につけてもらい、同じくリモン・コルドーザとオレンジ・サングインのムエットをもらって、そのときはその場を後にしました。

今まで試したことのある柑橘系の香水は、第一印象が良くてもしばらくすると香りが全くなくなったり、後から甘ったるい香りや逆に苦味が出てきてガッカリしてたんですが、このリモン・コルドーザはずっとさっぱりしたままなんですよね。

トップのフレッシュな爽やかさや確かに失われるんですが、それでもスッキリしたままなんです。

私はそれほど香水詳しくないので見当違いなたとえかもしれませんが、街中ですれ違う女性のクロエの香りはいつもスッキリしてますよね。さすが評判の香水だなと私もわりと好きなんですが、あの手のスッキリさに似ているかもしれません。

これは欲しい!と、街中をうろうろするうちに気づいてしまい、主人にどれだけ気に入ったかを説明し、とうとう売り場へ戻ってしまいました。

もうリモン・コルドーザを買うつもりで戻ったんですが、いざ戻って、最初にもらって数時間経ったムエットをかいでみると、これがオレンジ・サングインのほうもノートが移り変わってていい感じなんですわ~。同じく時間が経ったリモン・コルドーザと比べると、かすかにオレンジ・サングインのほうが甘いくらい。香りのもちはオレンジ・サングインのほうが良い(そもそもコロンなのにもちが良く画期的ということで評判になった香水らしいです)。

ここからひたすらムエットを交互にかいで、店員さんにあれやこれやと質問して(プロフェッショナルな店員さんでとても丁寧に説明してくれました)、最後はもうエイヤッって感じで甘さがより少ないリモン・コルドーザを選びました。

で、機嫌よくおうちに帰ってここからもまたリモン・コルドーザの能書きやアットコスメの評価をネットで調べるというお楽しみがあるのですが、ないんですよ、リモン・コルドーザの記事が。

しかし諦めきれずに検索しまくってたら、えらい事実を発見しました。このリモン・コルドーザもオレンジ・サングインと同じ日本フレグランス賞をとってるわけですよ!

japanfragrance.org

 

柑橘系好きで、なるべくナチュラルなのが好き(リモン~もわりと天然香料多めでこだわっているとのこと)な自分としては、もうちょっと注目されてもいいんじゃないかと思うのですが、やっぱり優雅で甘さがある香りのほうが主流なんでしょうかねぇ・・・。

その後もお風呂のあとにつけて楽しみ、一晩明け、オレンジ・サングインどんなだったかなーと気になり、また昨日のムエットをかいだりしてたのすが、これはこれで控えめな甘さがいいんですよね~~~。

一瞬こっちにすれば良かったかもと思いましたが、店員さんがちゃんとテスター入れてくれてたので、また試してどうしても欲しくなったら買ってしまうかもしれません(主人が見たら怒りそう)!

柑橘の香りが好きすぎて精油をいじくりまわすとこまでやって、いかに良い香りを作るのが難しいか(今思うと当たり前ですが)、香りを保持するのが難しいか、安全なものを作るのが難しいか、柑橘の香りがいかに飛ぶのが早いかをわかった後なので、なおさらこのふたつの香水は素晴らしいと思います。

一年前の自分はパシャ!のようなフルーツそのまんまの香りを探していたのに対し、今は精油で香水作りを試したり、いろんな香水の試香を経て、ちょっと洗練された柑橘系も良いと思うようになっているのかもしれないという、好みの変化もあるかもしれないのですが、強すぎる香水が苦手な人や、柑橘好きの人にはぜひかいでみてもらいたいふたつの香水でありました。

【12/10追記】

このエントリーをアップした夜、オレンジ・サングインのテスターをつけて寝たんですが、やっぱりムエットと肌につけるのでは違うようで、フルーティフローラル?っぽい甘さがありました(それでも控えめな甘さとは思いますが)。ということで、自分はやっぱりリモン・コルドーザで正解だった気がします。

たぶん夏向きの香りなんだとおもいますが、たとえばロクシタンのヴァーベナでさえ甘く感じる人には、リモン・コルドーザ、良いかもしれません。

 

 

Atelier Cologne Orange Sanguine (アトリエ コロン オレンジ サングイン) 1.0 oz (30ml) Cologne Absolue

Atelier Cologne Orange Sanguine (アトリエ コロン オレンジ サングイン) 1.0 oz (30ml) Cologne Absolue

 

 

ちなみに、買い物の本命、この記事を見て買いに行った主人のこの靴も良かったです。 

[ジャランスリウァヤ] JALAN SRIWIJAYA キャップトゥ 98321 BLACK(BLACK/8)

[ジャランスリウァヤ] JALAN SRIWIJAYA キャップトゥ 98321 BLACK(BLACK/8)